MENU

貧血を治すと痩せるって本当?なぜ?

貧血改善について

 

貧血はずっと放っておくと、改善されることは少なく、
貧血症状が悪化してしまう場合がほとんどです。

 

症状がひどくなると、突然体調が悪くなるなど、
日常生活にも良くない影響があるので、
できるだけ早い対策がおすすめです。

 

では、そもそも貧血とはどのような状態を指すのでしょうか?

 

貧血とは?

 

貧血改善について

 

貧血とは、鉄分が不足したり出血を起こすことなどにより、
体の中の赤血球やヘモグロビンと言われる成分が減少し、
体が酸欠状態を起こすことです。

 

現代人には貧血に悩まされている方が多く、特に女性では、
4人に1人が貧血、もしくは貧血予備軍だと言われています。

 

鉄分が不足していることによる鉄欠乏性貧血が、
最も多い貧血です。

 

貧血症状と貧血改善

 

体が酸欠状態になることにより、顔色が悪くなったり、
めまいや立ちくらみ、疲れやすさや頭痛なども
感じることがあります。

 

貧血と言うと、立ちくらみやめまいが起きるというイメージが
強いですが、それだけではなく、イライラしたり、
肩こりや首のこり、食欲不振などにも繋がるんです。

 

さらに、最近注目されていることとして、
貧血気味の方は肥満になりやすいと言われているんです。

 

つまり、貧血を治すと痩せるということわけなんです。

 

では、なぜ貧血を治すと痩せると言われているのでしょうか?

 

今回この記事では、貧血と痩せることの関係について、
調べてまとめてみました。

 

貧血を治すと痩せるという噂は本当なのか
気になっている!という方は、ぜひ参考にしてみてください。
この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

貧血を治すと痩せるのはなぜ?

 

貧血改善について

 

代謝が上がる

 

貧血というのは、体が酸欠状態になっているということです。

 

体中に酸素や栄養素が十分に行き渡らなくなると、
代謝が落ちます。

 

そして、酸素が十分に体に行き渡らないと、
筋肉も落ちやすくなってしまうんです。

 

基礎代謝などは、ダイエットに深く関わっています。

 

貧血が治ることで代謝がアップしますので、
消費されるカロリーが大幅に増えます。

 

それで、貧血を治すと痩せると言われているんです。

 

脂肪が落ちやすくなる

 

脂肪分解するために必要な酵素は、
貧血気味だとうまく作ることができません。

 

貧血の時は、ヘモグロビンや赤血球が不足していますが、
ヘモグロビンが少ないと、その脂肪を分解するための酵素が
うまく作られないんです。

 

脂肪が分解されないということは、ダイエットには大敵ですよね。

 

貧血を改善すると、脂肪を分解するために必要な酵素の量が増え
効果的にダイエットが行えるので、
貧血を治すと痩せると言えます。

 

 

貧血に効くサプリメント ランキング