MENU

貧血の症状と爪のサイン

貧血の症状について

 

貧血の症状と爪のサインについてですが、貧血の症状が爪に出る
言われています。

 

貧血の症状は爪のサインにより、症状なども違っていきますし、
何より他の病気を知るためのサインでもあります。

 

 

貧血の症状と爪のサイン

 

貧血の症状について

 

貧血の症状と爪のサインについては、貧血というと顔色が悪い、
めまい、たちくらみなどがあります。

 

貧血の症状とすて、身体の末端部分となっている爪にも症状が
出ると言われています。

 

貧血の症状として爪のサインについては、薄くなったり、割れたり、
貧血の特徴的なものとしては、爪の色が白っぽくなったり、
中央がスプーン状に凹んだりする場合があります。

 

健康な人の爪に関しては、基本的にはピンク色ですが、貧血に
なってしまうと爪が白っぽくなります。

 

貧血の症状が爪にまで現れると考えている人は少ないと思います。
しかし、貧血は血液の中に含まれている赤血球やヘモグロビンが
減少している状態です。

 

赤い色素のヘモグロビンが減ってしまう事により、色素も薄くなり
貧血により爪にも症状が現れるといえるのです。

 

 

女性に多く現れる爪の症状

 

貧血の症状について

 

貧血の症状が出るのは女性に多いと言われていますが、女性に多く
現れる爪の症状はどんなものがあるのでしょうか。

 

貧血の症状だけでなく、他の病気を発症している場合でも爪に
症状が出る
場合もあります。

 

貧血の場合には、特に女性に多い症状としては、スプーン状に凹む
爪になっている場合には、鉄欠乏性貧血が疑われます。毎月の
月経が大きく影響しているのです。

 

女性は、毎月月経がありますが、身体から多量の出血がある事で
貧血になりやすく当然ですが、鉄が不足してしまいます。

 

そのために、爪の割れやすさについても貧血の症状の一つであり、
貧血の症状が進行してしまう事により、白っぽかった爪の色は、
徐々に不健康な青紫色に変化してしまいます。

 

貧血の症状としては、顔色が悪いという症状もありますが、爪も
青紫色になってしまい、この状態になってしまうと貧血がかなり
進行している
といえます。

 

唇も紫になってしまい、チアノーゼが出現して、呼吸や意識状態に
影響を及ぼしてしまう場合もあると言われています。

 

日常で一般的な貧血の症状がある場合には、爪のチェックを行って
状態をしっかり把握するようにしましょう。

 

爪のサインについては、貧血の症状に限らずほかの病気を発症して
いる場合も現れる場合がありますので、おかしいと思ったら、
早めに病院へ行くようにしましょう。

 

また、貧血の症状で爪にサインが出ていると感じている人は、
日常で鉄分を意識して摂取するように心がけていきましょう。

 

 

貧血に効くサプリメント ランキング