MENU

寝不足は貧血の原因になるって本当?貧血と睡眠の関係とは?

貧血の原因について

 

貧血の主な原因は鉄分不足ですが、鉄分が不足するのは
様々な外的な要因も関係しています。

 

それらが重なりあうことで、
貧血という症状は重症化してしまいます。

 

貧血の原因と寝不足

 

貧血の原因について

 

貧血とは?

 

今日は少し貧血気味かも…、貧血でクラクラする、など、
日常生活で貧血という言葉はよく使われますが、
貧血という症状は、そもそもどのような状態なのでしょうか?

 

貧血とは、赤血球やヘモグロビンが不足して、
体が酸欠状態になっていることを指します。

 

体の中で十分に酸素が運ばれないため、
不快な様々な症状が起こります。

 

貧血と一言で言っても、出血性の病気が原因となっている貧血や
先天性のものなど、色々な原因があります。

 

その中でも、貧血に悩まされている方のほとんどに
当てはまるのが、鉄欠乏性貧血という種類の貧血です。

 

現代人に多い寝不足は、貧血の原因となります。

 

貧血と睡眠の関係

 

では、寝不足をすると、
なぜ貧血の原因となってしまうのでしょうか?

 

ホルモンバランスが乱れる

 

寝不足が続くと、ホルモンバランスが乱れがちです。

 

女性はもちろんですが、男性にもホルモンバランスがあり、
このバランスが乱れると体調不良を起こしやすくなります。

 

ホルモンバランスが乱れることで、血のもととなり、
酸素を運ぶ役割をしている赤血球がうまく作れなくなるんです。

 

ホルモンの分泌を整えることは、貧血予防にもってこいです。
それで、寝不足は貧血の原因
と言えます。

 

鉄分の吸収が悪くなる

 

寝不足が貧血の原因となる主な理由は、
鉄分が上手に吸収できなくなるということです。

 

貧血対策というと、鉄分を多く摂取するという方が
多いと思いますが、鉄分は摂取するだけでは不十分です。

 

十分に体の中に吸収されて、初めてその効果が発揮されます。
鉄分が吸収する時は、実は寝ている間なんです。

 

ですから、寝不足は鉄分の吸収を妨げ、結局鉄分を
いくら摂取していても、十分に吸収できないために、
貧血の原因となってしまいます。

 

寝不足を解消して貧血を予防・改善

 

貧血の原因について

 

寝不足は鉄分の吸収を妨げ、ホルモンのバランスを乱すため、
貧血の原因となるということがわかりました。

 

現代人は、睡眠時間が不足している寝不足の方が多いようです。

 

睡眠時間を十分に確保できない場合でも、睡眠のリズムを
整えるよう意識したり、質の高い睡眠が取れるよう、
寝る前の習慣も意識すると良いでしょう。

 

寝不足が解消されると鉄分が十分に吸収されるようになり、
ホルモンバランスも整うため、貧血の原因を
一つ減らすことができます。

 

 

貧血に効くサプリメント ランキング