MENU

貧血の原因を知るための検査とは?

貧血の原因について

 

原因が貧血だとわかっていない場合でも、検査をすると、
実は体調不良の原因が貧血だったという方も多いようです。

 

健康的な毎日を過ごすためには、貧血を解消することが必要です。

 

貧血対策を始めよう

 

貧血の原因について

 

辛い貧血を改善するためには、
まず貧血の原因となっている事柄について、
知っておく必要があります。

 

しかし、貧血の原因がわからないと悩んでいる方は、
意外と多いんです。

 

貧血の原因を確実に知るためには、
病院で検査をする必要があります。

 

また、ある程度セルフチェックで
自分の貧血の原因を検査することもできます。

 

では、病院で行う貧血の原因を知るための検査には、
どのようなものがあるのでしょうか?

 

また、セルフチェックではどのような項目を確認すると、
原因を絞り込むことができるのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について、
調べてまとめてみました。

 

貧血の原因がわからないことで不安だという方、
原因を突き止めて治療したいと思っている方は、
ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

貧血の原因の検査方法

 

貧血の原因について

 

病院での検査

 

血液検査

 

病院で貧血の原因を突き止めるには、
また貧血と言う診断を下すには、血液検査が必要不可欠です。

 

血液検査でヘモグロビン濃度やヘマトクリット値、
赤血球
の3項目をチェックします。

 

この血液検査では、血液を2〜3ml採取します。

 

特に、ヘモグロビン濃度というのは、血液の赤い色を
構成する成分で、体中に酸素を運ぶ役割をしているので、
重要な検査項目です。

 

ヘモグロビン濃度が低い場合や赤血球の数が少ない場合は、
もちろん貧血と診断されます。

 

この検査項目の中でも、赤血球の全体の数が少ないのか?
ヘモグロビンが低いのか?また、網赤血球という若い赤血球が
少ないのか?など、どこに異常があるために
貧血になっているのかを見極めると、原因がわかります。

 

鉄欠乏性貧血なのか?再生不良性貧血なのか?などといった
貧血の種類や原因を突き止めるために、必要な検査なんです。

 

セルフチェック

 

病院で検査を受けるほどではないけれど、
貧血なのか気になるという場合には、
自分でセルフチェックを行えます。

 

爪の状態や瞼の裏の色で貧血チェックできます。

 

そこからストレスや睡眠不足、食事のバランスなど、
原因となる事柄に自分が当てはまるかどうかを
検査することができます。

 

しかし、あくまでもセルフチェックは確定的なものではないので、
自分で想定した原因に対する対策を行っても
症状が改善しないという場合には、
一度病院を受診した方が良いでしょう。

 

 

貧血に効くサプリメント ランキング