MENU

貧血の原因がわからないときに考えられること

貧血の原因について

 

貧血の症状で悩まされている方の中には、
貧血の原因がわからないという方も、意外と多いようです。

 

原因不明の体調不良は、改善方法がわからないだけではなく、
気持ち的にも少し不安になりますよね。

 

今回この記事では、性別や年代別で、貧血の原因がわからない時に
考えられる事柄について、
調べてまとめてみました。

 

貧血の原因がわからないときにチェック

 

貧血の原因について

 

ストレス

 

働く世代の男性・女性、そして学生に多い原因は、ストレスです。

 

実は、ストレスと貧血には深い関わりがあります。

 

ストレスから体を守るために必要なホルモンがありますが、
そのホルモンを分泌するためには、
ビタミンCという栄養素がたくさん使われます。

 

ビタミンCは、鉄分を吸収するために必要不可欠な栄養素です。

 

ストレスから体を守るために、ビタミンCが多く使われ、
鉄分の吸収のためのビタミンCが残らないということになると、
鉄欠乏性貧血の原因になってしまいます。

 

貧血の原因がわからないとお悩みの方で、
ストレスに心当たりのある方は、まずストレス発散や
ビタミンCの積極的な摂取がおすすめです。

 

寝不足

 

ストレスと同じく、働く方や子育て中の方、
学生などは寝不足が続いている方が多いですよね。

 

実は、鉄分は寝ている間に体の中に吸収されるという特徴を
持っているので、睡眠時間が足りていないと、
鉄分がうまく体の中に吸収されません。

 

それで、赤血球ヘモグロビンが作れず、
貧血という症状が起きてしまうんです。

 

睡眠時間と貧血はあまり関係がないと思っている場合には、
一度、睡眠の質を見直してみましょう。

 

貧血の原因がわからないと思っていたものの、
睡眠リズムを見直すことや睡眠の質を高めることで、
症状が改善したという方は意外と多いようです。

 

ピロリ菌

 

子供の貧血の原因がわからないという時に意外と多いのは、
ピロリ菌が原因の貧血です。

 

ピロリ菌の影響が原因となり、
鉄欠乏性貧血を起こしやすいのは10歳前後の子供です。

 

病院で処方された貧血の薬を飲んでいるのに改善しないため、
貧血の原因がわからないとお悩みの方は、
一度ピロリ菌の検査を受けてみてはいかがでしょうか?

 

ピロリ菌の治療をすることで、
貧血の症状が改善されたというお子さんも非常に多いんです。

 

疾患が原因の貧血

 

貧血の原因について

 

貧血の原因がわからない場合、
鉄欠乏性の貧血ではないかもしれません。

 

腎臓の機能などが影響した疾患が、
原因になっていることも
あります。

 

それで、貧血の原因がわからない時には、一度先入観を取り除き、
全身の健康診断を受けると、
隠れていた病気が見つかることもあります。

 

 

貧血に効くサプリメント ランキング