MENU

貧血の原因になる食べ物があるって本当?

貧血の原因について

 

貧血の原因は、ヘモグロビンと赤血球不足ですが、
ヘモグロビンや赤血球が不足する原因には、色々とあります。

 

貧血の原因

 

貧血の原因について

 

鉄分不足

 

ヘモグロビンは、赤血球のもととなるのは鉄分という栄養素です。

 

毎日の食事から鉄分が十分に摂取できていないと、
ヘモグロビンは赤血球を作る材料がないため、
鉄分が不足してしまいます。

 

それが、貧血の原因となってしまうんです。

 

出血

 

月経や体の中で起きている病変により、出血が起き、
ヘモグロビンや赤血球が不足しているということも考えられます。

 

貧血の原因となる食べ物がある!?

 

貧血の原因について

 

貧血の原因は様々ですが、症状を改善するためには
鉄分を十分に補うことが必要です。

 

鉄分を食べ物から、意識して摂取しているという方も
多いと思いますが、実は食べ物の中には
貧血の悪化させる原因となってしまうものもあるんです。

 

では、具体的にどのような食品や食材が、
貧血の原因となってしまうのでしょうか?

 

カフェインを多く含む食べ物・飲み物

 

毎日摂取しているという方も少なくないと思いますが、
実はカフェインを多く含んでいる食べ物や飲み物は、
貧血の原因となりやすいと言われています。

 

カフェインは、頭をスッキリさせたり、
がん予防を行ってくれるなど健康に良い面もあります。

 

しかし、カフェインは鉄分の吸収を
邪魔してしまう働きがあると言われているので、
貧血を予防する上ではあまり良くありません。

 

カフェインを多く含む食べ物や飲み物の代表は、
皆さんよくご存知のコーヒーや緑茶などです。

 

チョコレートにも含まれていますが、意外なところでは
ガムや市販のアイスなどの食べ物にも、
カフェインが含まれていることがあります。

 

食物繊維の多い食べ物

 

食物繊維が多い食べ物は、便秘を解消してくれる食べ物として、
女性の多くが意識的に摂取しているでしょう。

 

もちろん、便秘を解消してくれるのは良い働きなのですが、
吸収される前の鉄分も体の外に排出してしまうことがあるので、
摂取のしすぎには注意が必要な食べ物です。

 

食物繊維を意識して摂取した場合には、
体外に排出される鉄分も多いと考えて、
いつもより多くの鉄分を摂取するなどすると良いでしょう。

 

まとめ

 

貧血の原因について

 

貧血を効率よく予防するには、鉄分の吸収を妨げるなど
貧血を悪化させる原因となる食べ物があるという事も
知っておくと良いでしょう。

 

鉄分を多く含む食べ物を摂取しつつ、
貧血の原因となる食べ物を控えて、
貧血の症状を軽減していきましょう。

 

 

貧血に効くサプリメント ランキング